小児科クリニックでは点滴や注射は看護師の役割です

小児科クリニックでは点滴や注射は看護師の役割です

小児科クリニックでは、ドクターの指示で点滴や注射をナースが行っています(´・Д・)」

予防接種は、必ずドクターが注射をしています。
ナースは、ディスポに薬液を詰めたり、予防接種の介助を行なっています。

総合病院では、外来では採血室や、点滴室があり、外来ナースが行うことはありませんよね。
病院によっては、採血室には検査技師いるところもあります(´・Д・)」

しかし、クリニックではそういった設備がありませんから、たいていはナースが行っています。

子供の採血や点滴は、暴れる子供を抑えて針を刺さなければならなりません(;´Д`A

抑えるナースが少ない時は、ナースが抑えて、ドクターに針を刺してもらうこともあります。

子供って、結構力がありますし、ものすごい力で抵抗するためらナースが2人、3人で抑えなくてはならないこともあるんですf^_^;

また、どうしてもナースがうまく採血や点滴を出来ない時も、ドクターにお願いすることがありますよ(>人<;

しかし、ドクターが採血や点滴に入ると、診察がストップしてしまいます(;´Д`A

診察が進まないと、患者さんも待ち時間がどんどん長くなりますし、私たちの帰る時間も遅くなってしまうのです。

だから、極力ドクターに頼らず自分たちでおこなうようにしていますよf^_^;

子供の血管はとても細いですし、長さも短いですよね。
サーフロをキープしないと、動いて危ないため、どんなに小さな赤ちゃんでも、サーフロを使います。

熱が高かったり、嘔吐して脱水の子供は、とくに血管が見えづらく、針を刺すのがとても大変なんですヽ(´o`;

しかし、毎日毎日、そんな患者さんの採血や点滴を行なっていると慣れてきますね。

走り回りながら仕事をして、難儀な採血や点滴を行い、毎日汗だくですよ(;´Д`A

2014年3月21日|